会社概要

環境方針

[経営理念]

人と地球にやさしい快適空間を求め、お客様のニーズに挑戦し、創造することにより社会に貢献する。


[ビジョン]

社員の意識高揚を図り、顧客に信頼される質の高い製品・サービスを提供し業界をリードする。


[活動指針]

  • 事業活動と環境マネジメントシステムの運用
    • 日本ピーマック株式会社 厚木拠点は、業務用空調機器の製造業を営む者として、事業活動を通して、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び適応、生物多様性と生態系等を考慮した汚染の予防に努め、地球環境の保全、保護に積極的に貢献します。
      また、環境マネジメントシステムの継続的な改善のために環境目標の設定と見直しを行い、それらを実現するために、実施計画を作成し、実行し、定期的にレビューすることで、継続的に改善します。
  • CSR経営と法規制への適用
    • 当社は、環境関連法規、条例及び同意したその他の要求事項を順守し、可能な範囲で自主基準を定め、一層の環境保全、保護に取組みます。また、企業倫理綱領に従いCSR経営を基本とした活動計画を定めると同時に外部、内部のコミュニケーションを深め、活動することで社会的責任を果たします。
  • 事業活動における環境負荷低減への環境目標を設定し、見直す枠組み
    • @外部内部の課題を年度毎に明確にし、リスクを機会に見据えた改善活動に取組みます。
    • A技術研究開発の向上による独創的で特徴ある製品の開発並びに顧客ニーズに挑戦することで環境社会に貢献します。
    • B顧客ニーズを決定するにあたり、製品・サービスの各段階でのライフサイクルを考慮します。
    • Cエネルギー消費量を考慮した製品の開発により、CO2削減に貢献する効率の良い製品を提供します。
    • D環境負荷の低減を考慮し、自然環境を重視した製品、サービスを提供します。
    • E省資源・省エネルギ−及び廃棄物の発生抑制の活動を推進します。
  • 全員参加重視
    • 厚木拠点の全従業員を対象に環境方針の認識と環境マネジメントシステムに関する教育を実施し、環境意識の向上を図ります。
  • 継続的改善
    • 関係取引先に対し、環境の保全・保護活動推進のための理解と協力を要請します。
  • コミュニケーション
    • 利害関係者並びに地域とのコミュニケーションを図り、環境の保全に貢献します。

−この”環境方針”は社内に周知し、社外に開示します−


2018年4月1日
日本ピーマック株式会社
代表取締役社長 若山 幹雄


ページの先頭へ